ノンステージング工法

工法概要

法面施工や狭隘空間など相判クレーンの設置が困難な現場において威力を発揮するシステム工法であり、
仮設道路や作業用地を必要とせず、安全確実に施工が可能。営業線近接施工の実績も豊富です。

工法特長

  1. 無振動、無騒音にて鋼矢板の圧入・引抜が可能。
  2. 仮設道路や作業用地の確保を必要としないので、大幅に工費が削減されます。
  3. システム施工により周辺環境を破壊せず、安全確実に作業が行えます。

用途

  1. システム施工は既存の杭を掴む機構の為、転倒の心配は無く、特に営業線近接や水上施工において特長を生かした施工が可能となっております。
  2. 軽量・コンパクトなシステムは複数の導入を容易にしており、飛躍的な工期短縮を可能にします。

建設工事における無駄=仮設工事を不要とし、施工空間に関わる制約条件を克服したシステム施工

ノンステージング工法は圧入工程に関わる施工機械すべてが完成杭の天端を作業軌道として進んでいく「GRBシステム」を用いることで、建設工事における無駄な仮設工事を不要とし、本来の目的である壁体構築工事だけを合理的に行う「仮設レス施工」を実現します。
施工システムは軽量・コンパクトなため、住宅密集地での水路改修工事や鉄道近接工事、交通量の多い幹線道路での拡幅工事などにおいても、流路断面や現況交通を阻害することなく、工期・工費の削減が可能となります。

GRBシステムの基本構成

GRBシステムは、圧入杭を地中に押し込む圧入機本体を先頭に、油圧動力源であるパワーユニットとそれを移動させるユニットランナー、杭を建て込むクランプクレーン、作業基地から杭材を搬送するパイルランナーで構成されます。

当社保有機械カタログ(PDF)

施工写真

※機械の改良にともない、仕様並びに形状等予告無く変更する場合があります。

施工・工法に関するお問い合わせはこちら