クローラオーガ工法(二軸同軸)

工法概要

テレスコピッククレーンにアースオーガ及びケーシングを装着し、高い削孔能力にて先行掘削やH型鋼杭等を打設する工法。
杭打機本体機は30t級、50t級、75t級と施工条件に合わせて幅広い対応が可能となっております。

工法特長

  1. ラフタークレーンの様にアウトリガを張り出す必要が無い為、狭い施工ヤードにおいても対応ができる。
  2. アースオーガの掘削力とクレーンブームの起伏力を合わせる事により、高い削孔能力を発揮します。
  3. ケーシングを存置することにより周辺土砂の崩壊を防止施工も可能です。
  4. キャタピラの優位性を活かしてスムーズな杭打機の移動が可能であり、本体の安定感も抜群です。

用途

  1. 鋼管杭打設工
  2. H型鋼杭打設工

施工写真

※機械の改良にともない、仕様並びに形状等予告無く変更する場合があります。

施工・工法に関するお問い合わせはこちら