上部障害クリア工法

工法概要

超低空間において無振動・無騒音にて鋼矢板の圧入施工が可能です。
本体に装備されたクレーンで鋼矢板を吊り込む事が可能となっています。当社保有のクリアパイラーはジェットリールが装着可能な最新機です。

工法特長

従来工法では不可能とされていた超低空間(橋梁下など)での鋼矢板の圧入、引抜が可能となりました。上部障害クリア工法で使用するクリアパイラーは、最低必要空間高H=1.55mでの鋼矢板継圧入、切断引抜が可能で都市生活機能を阻害することなく安全に経済的に施工が可能。

用途

  1. 道路や橋梁等の高架下における作業。
  2. 工場建屋内等の狭隘空間における作業。
  3. 水上施工において、さらに威力を発揮できます。

パイラージェットリールの取付が可能になり、作業性が大幅に向上

クリアパイラー 上部障害クリア工法

「クリアパイラーCL70A」は、橋梁下や高圧電線下など、従来機では施工困難な空頭制限下において鋼矢板の施工を可能にする超低空頭専用圧入機です。
任意の高さに設定可能なブーム自動停止機能に加え、新たにパイラージェットリールの取付が可能になり、ウォータージェット併用圧入時の作業性が大幅に向上しました。
また、オフロード法に対応したパワーユニットの採用、GIKEN ITシステム、圧入管理システムの搭載により、環境性と現場作業の効率化、省力化、信頼性の向上を実現しています。

クリアパイラー 上部障害クリア工法

専用のジェットリール取付ブラケット

専用設計のジェットリール取付ブラケットにより、ウォータージェット併用 圧入時の作業性が大幅に向上。

クリアパイラー 上部障害クリア工法

任意の高さに設定可能なブーム自動停止機能

ブーム上端が設定した高さに到達すると、警報ブザーが鳴り、吊込装置 が自動停止し、作業の安全性を確保します。

クリアパイラー 上部障害クリア工法

標準施工図

標準施工図 上部障害クリア工法標準施工図 上部障害クリア工法
標準施工図 上部障害クリア工法標準施工図 上部障害クリア工法

当社保有機械カタログ(PDF)

施工写真

※機械の改良にともない、仕様並びに形状等予告無く変更する場合があります。

施工・工法に関するお問い合わせはこちら