アルファーシステム工法NETIS登録工法 KK-110032-A

工法概要

上空制限の厳しい場所や狭小な施工空間での施工を克服するために開発された杭打機を主体として、
各種オプション機器をシステム化させ、低空間、狭隘空間に極限まで挑んだ杭打工法であり、
陸上部、水上部、軌道内部での施工を問わず、これらの杭打工事における新たなニーズに応えていけるものと確信しています。

工法特長

  1. 陸上部で4.0m、水上部で6.0m以上の空間があれば有効杭長3.0m以上の杭を打設することが可能。
  2. 低振動、低騒音で鋼管杭、H型鋼杭の打設が可能。
  3. 転石層・捨石層・コンクリート構造物などの杭打でもオプション装備で対応が可能。

用途

  1. 高架下(高速道路、鉄道など)での杭打工事。
  2. 軌道内での杭打工事(軌陸装置付)
  3. 狭小な場所(工場建屋内、狭隘敷地内)等での杭打工事。
  4. 長尺なリーダーを建てることの出来ない場所(鉄道、空港等)における近接杭打工事。

仕様

  1. 杭打機本体は大型タイプ(50t級)と小型タイプ(0.7m3級)の2種類があり、現場条件によって選定することが可能。
  2. 鋼管杭の適用杭径はφ400~φ1200までと幅広い対応が可能。
  3. 先端羽根付回転圧入杭の実績もあり。
アルファーシステム工法 ムービー

アルファーシステム工法協会のホームページはこちら

アルファーシステム工法協会

当社保有機械カタログ(PDF)

施工写真

※機械の改良にともない、仕様並びに形状等予告無く変更する場合があります。

施工・工法に関するお問い合わせはこちら